2019 TOKYO AUTO SALON





再始動のクランキング


2019年の東京オートサロン、
TRDは1台のJZA80型スープラを出展した。

“TRD Supra”と名付けられたその車は、
SUPER GT GT500クラスの開発車両をリメイクしたもの。

25年の時を経て、
本物のレーシングエアロカウルを身に纏ったシルバーのスープラが再びTRDブースに現れた。



 
 
 
 



フロントスクリーンには映像が映し出される。

TRDモータースポーツの歴史、
スープラの歴史、
共に歩んだ栄光の数々。

TRDはこの車で幾度となくトライし、課題に直面してはそれを乗り越えた。
数々の輝かしい栄光の陰で、スープラとTRDは共にもがき闘った。


カウルの至る所に残された隠しきれない傷跡が、
この車が本物の開発車両であったことを物語る。


TRDにとってスープラは戦友であり、最良のパートナー。

 
 



“TRD3000GT”の披露から25年。
同じステージに現れたシルバーのスープラは、
ただ過去を懐かしむデコレーションではない。


鈍く輝くシルバーのカラー、

随所に散りばめられたカーボンの織り目、

そして、スープラという車。


これらには全て、 近い将来を示唆するTRDからのメッセージが込められている。