Performance Dumper

さらに上質な乗り心地を追求する


パフォーマンスダンパー※は、
不快な微振動を吸収して乗車中の快適性が向上させるアイテム。

ボディの前後に装着することにより走行時に発生するボディの変形を抑え、
微振動を減衰・吸収する事で快適で上質なドライビングフィールをもたらす。 

※「パフォーマンスダンパー」はヤマハ発動機㈱の登録商標です。


クルマが走行する道は平坦ではない。
走行時は人間に例えれば、常に貧乏ゆすりをしている状態に等しく、
“ザラザラ““ブルブル”といった不快な微振動にさらされている。

パフォーマンスダンパーは内部構造にアブソーバー機構を備え、
従来の剛性アップパーツのように突っ張らず、穏やかにいなす性質を持つ。

 
 

これまでの路面からの入力をダイレクトに受け止める剛性アップパーツでは
ときに硬質な乗り心地が快適性を犠牲とするばあいがある。

パフォーマンスダンパーはそうした犠牲を排し
雑味のないドライビングフィールを手に入れることができる。


開発時にはTRDエンジニアと評価ドライバーがテストを重ねる。

車種それぞれの性質を見極め、
車種によってはブレースなどのアイテムと組み合わせたうえで
確かなパフォーマンスを確認できたものだけがユーザーに提供される。

不快に固めずにしなやかな動き、
最良のセッティングはTRD開発陣が積み上げた知見により作られる。