いいクルマとは何か。終わりのない答えへの挑戦。
GR PARTS Inside Stories
日常において低速域から高速域まで、ハンドルを切った分だけ曲がる、
ずっと運転していたくなる。
誰がどこで、どのような環境で乗っても、運転がより楽しく、快適になる。
そんなクルマを私たちは“ストリートスペシャル”と呼んでいる。
“ストリートスペシャル”を作るのに必要なのは、性能とトータルバランスの徹底追究。
そのために私たちは今日も挑戦を続けている。

Special 5 Stories

私たちの挑戦。
01|企画 Planning
私たちは“速さ”や“カッコよさ”を求めない。
大事なのは“トータルバランス”だ。
TOYOTA CUSTOMIZING & DEVELOPMENT
営業企画本部 用品企画部 第1企画室 乗用車1G 主任
平野 市太郎
 GRといえば、「TOYOTA GAZOO Racing」のレース活動をイメージする人も多いと思いますが、TCD(トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)が手がけるGR PARTSの開発思想は“ストリートスペシャル”です。ベースとなる車両を“日常領域”でより楽しく、より快適に運転できるクルマへ昇華するべく開発を行っています。そのため、スポーツモデルだけでなく、コンパクトカーやミニバン、SUVなどにもGR PARTSをリリースしています。
官能評価とCFD、アナログとデジタルの融合で
GR PARTSの性能を追究する
TOYOTA CUSTOMIZING & DEVELOPMENT
開発本部 開発推進室 評価実験G 上級主任
小林 悠輔
開発本部 基盤技術開発部 部長
貴家 伸尋
02|性能評価 Performance 02|性能評価 Performance
 GR PARTSの空力開発方法には開発ドライバーが行う「官能評価」と数値流体力学に基づく「CFD」があります。官能評価とは開発ドライバーがクルマの“乗り味”を決める作業。ストリートスペシャルであるGR PARTSの乗り味とは、日常のあらゆる速度や環境において、運転が楽に、楽しく感じられることです。
03|デザイン Design
すべては機能のために
TOYOTA CUSTOMIZING & DEVELOPMENT
開発本部 内外装技術部 デザイン室 主査
新美 裕三
開発本部 内外装技術部 デザイン室
スタイルクリエイトグループ 上級主任
山﨑 和起
 例えばトップカテゴリーで活躍するレーシングカーがそうであるように、コンマ1秒でも早く走るという機能を得るために進化したフォルムは高いパフォーマンスを発揮しながら、風を味方につける美しい形をしています。トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが手がけるGR PARTSも考え方は全く同じ。
Coming Soon
見えないものを作り、見えるものを無くす。
デザイナーの想いをカタチにするために必要なこと。
TOYOTA CUSTOMIZING & DEVELOPMENT
開発本部 内外装技術部 デザイン室 デジタルクリエイトグループ グループ長
山科 晃
04|モデリング 3D Modeling 04|モデリング 3D Modeling
今回のGR86用「GR PARTS」のコンセプトは、「Stylish Street Sports」。
このコンセプトワードにの中には、「日常と非日常を高い次元で調律したい」という思いが込められている。
日常という言葉の中には、愛車として毎日触れ合う通勤や買い物、休日のお出かけシーンでの活躍を想定している。
Coming Soon
05|販売 Sales
伝統工芸品のように長く愛用される
ライフスタイルに寄り添うクルマであるために。
TOYOTA CUSTOMIZING & DEVELOPMENT
営業企画本部 国内事業部 国内事業室 国内販促グループ
家高 宏治
安孫子 滉司
今回のGR86用「GR PARTS」のコンセプトは、「Stylish Street Sports」。
このコンセプトワードにの中には、「日常と非日常を高い次元で調律したい」という思いが込められている。
日常という言葉の中には、愛車として毎日触れ合う通勤や買い物、休日のお出かけシーンでの活躍を想定している。
Coming Soon
私たちの挑戦は終わらない。

TRD商品に関するお電話でのお問い合わせは「TRDコールセンター」へ

050-3161-2121
オープン時間:10:00~18:00 除く指定定休日