RELATION TRD&SUPRA

TRD 3000GT

 

規格外のロードゴーイングカー


1994年の東京オートサロン、
JZA80型スープラのGTマシン開発に着手したTRDは1台のコンプリートカーを発表した。

“TRD3000GT”と名付けられた武骨なシルバーのその車は、
ラッピングやステッカーを取り去ったGTカーような怪しさを放つ。
それもそのはず、この車は当時のJZA80型スープラのGTカーと全く同じレーシングエアロカウルを装着したコンプリートカーであった。

“TRD3000GT”は文字通り、本物のロードゴーイングGTカーの出で立ちで突如現れた。


発表当時、未だ5ナンバー規格の自動車が主流の中にあって、
目を見張る程ワイドボディ化されたその姿は異彩を放った。

大きく張り出したそれぞれのパーツは、
レース車両開発の中でワイドトレッド化や空力・冷却性能の強化が図られたもので、
まさに勝つ為だけに設計された本物のレーシングパーツであった。

モンスターマシンが激戦を繰り広げたグループCカー開発に対し、技術とノウハウを投入し続けたTRD。
この車には、その研究開発の成果が曇りなく反映されている。

TRDが技術の粋を結集して世に送り出した“TRD3000GT”は同時期に発表された
SW20型MR2をベースとした“TRD2000GT”と共に話題となり、現在でも再販を求める声が絶えない。

部品での供給も含め国内外のワークスやショップチューナーを問わず様々なカテゴリーで投入され、
多くの記録の中で存在感を示した。

これらTRDによる妥協のない至高のロードゴーイングカー開発は、
“TRD Grifon Concept”の市販車“TRD 14R-60”などに繋がる先駆けとなった。


TRD〝80″SUPRA again 2019TAS




再始動のクランキング


2019年の東京オートサロン、
TRDは1台のJZA80型スープラを出展した。

“TRD Supra”と名付けられたその車は、SUPER GT GT500クラスの開発車両をリメイクしたもの。

25年の時を経て、
本物のレーシングエアロカウルを身に纏ったシルバーのスープラが再びTRDブースに現れた。